せつなめからの1 


原作寄り
黎夕



はわわわ、もう12月ですよ。

年末ですよ。

あれやこれや終わってないですよ←


そして急に冷え込んできました。

みなさまお体ご自愛下さいませ!



そんな冬っぽいイラストをひとつ。←?w





せつないのスキーです。

せつないお話スキーです。


いいですよね!せつないのん!


そこはかとなくせつない、のが好みです。

でも出来れば、絶対ハッピーエンド至上主義者の私としては、都合の良いようにせつないのが好きです。


あ、ただの主張です(笑)


そんなせつない雰囲気で描きながら、脳内では都合のいいように話をイメージしたらこうなりました、というお話です。


最近ちょこちょこ文章を書く練習をしています。

お話を書くとかそんな大層なレベルを目指しているのではなくて。


せめて自分のイメージして描いた絵の注釈くらいはまともに書きたい、という思いからですw


基本はどう捉えてもらってもいいというよりは

良かったらお話膨らませてください!!って気持ちでネタフリをしているスタンスなのですが



たまにはこういう視点もありかも、という意図を持って描いたものもありますので。


と、いうわけで


せつなめ描いたら



脳内ではギャグになりました(@_@)




*─*─*─*─*─*─*─*─*


せつなめからの1



今は、まだ、振り返ってはいけない───


きゅ 、きゅ、

積もり始めた雪が、足跡に音を付ける。

きゅ、きゅ、きゅ、

少しずつ、遠ざかる音・・・

今は、まだ──


「もういいよ?」

「・・・っ!」





「さーてどこに隠したでしょうか!
早くみつけないと、埋もれちゃうよ?」

「うわー、どんどん降ってきましたね!」


遠く南の国より献上された極上の水菓子。

冷やして食すと格段に甘みが増すと言う。


積もり始める雪に興奮し出したお嫁さんに、極上のおやつ探しと言う心浮き立たせるゲームを思いつき実践する、お嫁さんの喜ぶ顔が見たいだけの王様遊戯の時間。


(ちゃんちゃん♪)


*─*─*─*─*─*─*─*─*

たまにはこんな注釈もあってもいいですかね?←きくな



主線を置かないで、色を重ねて質感を出していく画法で試し描きしたかったのですが

色を、重ねていくことに集中しすぎて

配色がとんでもない事になりましてですね。



目がチカチカするほどw

例えるならクリスマスケーキに乗ってるマジパンカラーです(謎



なので泣く泣く潔くモノクロで書き出したらなんだかある意味、雰囲気出た?っていう私的タナボタな1枚です。





SNS2014/11/13





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する