紅い華 3 

軍服パロ










かなめ様からいただいてきたお話続きです(*^▽^*)







軍服設定奥深い・・・

お話が素敵すぎて、挿し絵迷走してますよぅ!


迷走!?うん、いつもの事・・・!
迷子の迷子のこねこちゃ・・・ゲフンゲフン

はい、いつもすみませんm(__)m












紅い華 3




ダン ダンッ

リズム良く銃声が響き、弾は的の中央へと吸い込まれていく。
何度も打ち込まれたはずなのに、開いた穴は相変わらずただ一つ。

「…ふぅ」
バイザーと耳当てを外し、几鍔は一息ついた。
手元の腕時計を見てみれば、思ったより時間が過ぎている。
そろそろ戻らないと周りが煩い。


「―――さすがだな。」
軽く手を叩く音にふり返れば、上司が後ろの壁に凭れて笑っていた。

「…いつからいた?」
「少し前だ。集中していたようだったから声をかけなかった。」
言いながら壁から身を起こし、バツが悪そうにしている几鍔の隣に並ぶ。
「あれをできるのはこの軍に何人いるかな?」
誉め言葉のつもりで言い、黎翔はクスリと笑う。
「…じゃあ、お前は?」
不敵に笑んでそう聞く瞳は挑戦的。
上司に対するものとは思えない口調と態度で、几鍔は的を顎で指した。
「…さて、久しく握っていないから自信はないが。」
「嘘付け。いつも最前線にいる奴が何言ってんだ。」
几鍔は苦笑いで受け流そうとした黎翔を逃がさない。

自分が持っていたバイザーと耳当てを渡し、やってみせろと目で示す。
それらを苦笑いのまま受け取り、黎翔は今まで几鍔がいた場所に立った。


「―――これは、素晴らしいものを見せてくれた君へのサービスだ。」
愛用の銃を手に、現れた的をまっすぐ見据える。
邪魔をしないようにと几鍔が静かに後ろに下がり、黎翔の周りは静寂に包まれる。


「君へのサービスだ。」


紅い華3


ピンと張り詰めた空気に紅い瞳が鋭く光り―――


「何をしてらっしゃるんですか!」
「「!?」」
静寂は第三者によって破られた。



「ゆー、りん…?」
一気に集中力を削がれ、黎翔は唖然とした顔でやって来た少女を見つめる。
しかし彼女はそれに頓着しない。

「司令、李順さんが探してました。」
「あ、ごめん…」
彼は突然いなくなった黎翔を探して夕鈴のところまで来たらしい。
だから早く戻って下さいと夕鈴は怒る。

「几鍔。アンタのことは部下達が心配してたわよ。」
「…ああ。」
そういえば戻る気だったことを思い出して、几鍔も今日は素直に従うことにした。


「―――また次の機会に見せてもらう。」
「ならばそれまでに練習しておこう。」

肩を竦めて2人で笑い、黎翔と几鍔は部屋の前で別れた。









SNS2014/06/19









→まだ続きます!



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する